盗まれた、の意味

 ビットコインを「盗まれた」として先月28日に破綻したマウントゴックス社のニュースですが、盗まれたという言葉が妙に引っかかります。

 先月28日の記者会見で、114億円相当の顧客からの預かり金最大28億円が「消えた」と説明し、原因は「ハッカーによる不正アクセス」と主張していますが、大量のデータを送りつけるサイバー攻撃を受けたならばその時にもっと騒ぎになっても良いと思うのです。

 それが本当の話であるならば、巨額の被害にあった時点でサイト側は必ず気づくはずですし、説明は釈然としない感じがします。

 株や為替、金融商品その他お金を増やせそうなものには国境を超えてどんどんつぎ込まれる状況が長く続いています。その影響が投資している者が全て負うのならば良いのですが、投資するレベルに無い一般の人にまで及ばない事を節に願います。

 盗まれたといって救済を求めるのは、投資のリスクを知らない者の戯言であり、投資した段階で「盗まれた」と覚悟すべきだと思います。