太陽活動の異常、暑くなるのか寒くなるのか

taiyouh今年の夏の猛暑は国内の最高気温記録を塗り替え、10月になっても夏日や真夏日を記録し、1~9月の世界の気温も観測紙上7番目に高いという報告もあり、地球温暖化の影響などが懸念されています。

しかし、太陽の活動は低下し始め、少々気になる様子を見せているのだといいます。

太陽は11年年周期で活動をし今年はそのピークに当たる年であるというのですが、その徴候が見られず、元気の証である太陽黒点も異常に少なく、今後太陽活動は低下期に入って地球は寒化するという専門家もいるようで、来年以降の気候変動が気になってきます。

そして更に気になる報告として、日本の太陽観測衛星「ひので」のデーターから、太陽の磁極が赤道近辺にS極が出現するなど、観測史上例のない「太陽磁極の4極化」という異常現象が起きているといい、何がおこるのかこちらのほうが恐ろしいさを感じさせます。

これと似たようなケースは17世紀にあったといい、その後地球は寒冷化しはじめ、ロンドンのテムズ川が凍ってスケートができた程であったといいます。

地球温暖化と太陽活動の異常と低下傾向、暑くなるのか寒くなるのか、いずれにしても作物への影響が出そうで心配な報告でもあります。

ウイルス性食中毒

恐ろしいですね、ノロウイルス。症状が激しい上に、患者から出たいろいろなものからも感染する辺りは特に怖いと思います。入院患者まで出てしまうとは。現実的には、普通の体力があれば、入院が必要なほどには重症かしないはずではありますが。

このニュースの怖いところは、原因がいまだにはっきりしていないところでしょう。感染源が特定できないと、対策も取るに取れないし、再発の恐れもありますし。
学食に原因があるとしたら、これまた、責任問題とか色々絡むかもしれないし、そもそも、学食で集団食中毒なんて今時笑えません。

そして、栄養大ということで、実習などで食品を扱うのは当然でしょう。これも感染が拡大した原因のひとつかもしれないですね。しかし、逆に、普段から食品関係の実習を行っているとなれば、対策もそれなりにしっかりしているとは思うのですが。
いずれにしろ、原因をはっきりさせて、今後の予防策をしっかり立てていくことが大事でしょう。

球団も本人も既定路線

いよいよメジャー行きが現実的となったマー君ですが、日本シリーズで自らの力で優勝を勝ち取ると誰もが思っていましたが、そうは上手く行かなかったようです。しかし、現在国内では最も優れた投手である事に疑いの余地はありません。

来シーズンはメジャーへ行ってもらわなければ、楽天も正直適正な年俸を払う事が出来ず困る所ですし、本人も取り敢えず国内ではやり尽くした感があるでしょうから、新天地としてメジャーへ行かなければならない雰囲気といった所でしょう。

メジャーでどのくらい通用するのかというのは未知数で、実際に1シーズン経過してみなければどうなのかは判断出来ませんし、適応できるか出来ないかは能力以外の点も大きく関わってきます。
しかし、国内でこれだけやれたのですから、日本人としては是非とも通用してもらわなければ困るという心境になってしまいます。

ダルビッシュも良い成績を収めている事ですし、マー君にもそれに近い活躍をしてもらいたいと思います。