批判の多い合意だが

日本国内の世論は、現在今までに無いレベルで韓国から距離を置くべし、が圧倒的になっています。
これ以上はビタ一文払うのさえも許さないほどの空気になっている中で、よりにもよって韓国に対する悪感情の主な原因のひとつともいえる所謂「従軍慰安婦」で10億払うと言う合意があったことで、保守勢力を中心に安倍政権に対する批判が広がっています。

が、韓国内ではそれ以上の分裂が始まっているようです。
どう言う事かと言うと、韓国では慰安婦問題で日本を叩く事が大規模なビジネス構造として成立してしまっているのです。
「二度と蒸し返さない」と念押しされた合意など、たったの10億で彼らが受け入れられるわけがありません。
事実、韓国野党は「政権が変わったら無効」などと言っている始末です。

今回日本が出すことで合意した10億円は賠償金ではなく、韓国政府が設立する基金への協力と言う形です。
慰安婦像を撤去しなければ受け取れない条件などを考えると、場合によっては払わずに済む可能性も考えられます。
韓国国民はキャッシングなどで借金漬けが多いとも聞きます。とにかく何かにたかろうとしている、そんな気さえしてきます。