ピンチの時の対応で会社の良しあしが分かる

マラチオンが冷凍食品から検出され、大変なことになりました。消費者から相談が来てから、だいぶ経っての措置が遅すぎたので、世間からブーイングがきても仕方ないと思います。工場で使ったペンキだろうと考え対処しなかったらしいが、人の口に入るものを作っているのだから、そこは思い込みではなく念入りに対処してほしかったです。

早く解決するために、マラチオンの検出の濃度よりもスピードを重視し、マラチオンを見逃している可能性もあることも指摘されたし、当初、言っていたマラチオンの健康被害は軽いものだったけど、実際には何倍も健康被害の出る量だったことも指摘されました。

問題が起こった時、その時の対処で、その会社の姿が分かります。問題が起こる前に、起こってもすぐに対策をしてほしかったです。人は忘れる生き物で、しばらくしたら元に戻るのかもしれないけど、消費者をなめたような会社は必ず因果応報を受けるのだなと思いました。
また、こんな事件を起こした犯人は許すことができません。

子供達をウイルスから守るために

自分が子供の頃を振り返ってみても、まさか給食に出てくるパンにウイルスが付着しているなんて考えもしませんでした。学校で出てくる物には、親も子供も信頼していたと思います。

しかし、それを覆すニュースです。ウイルスの出処は分かった訳ですが、そもそも何故こんなことが起こってしまうのでしょうか。工場で働く人たちは,こまめに除菌、殺菌、消毒をしていたのでしょうか。ドアノブからノロウイルスが検出されるとは、恐ろし過ぎます。

入院する生徒まで出て来るとは、大事件です。下痢、嘔吐と簡単に言いますが、さぞかし辛いことと思います。学校や大人は、子供を守らなければならないのに、こんなことが起こるとは、可哀想過ぎます。
この受験シーズン真っ只中に、中学受験を控えていた生徒もいるのではないでしょうか。年明けは、いちだんと冷え込みが厳しくなり、体調を崩しがちです。このようなことが二度と起こらないよう、学校をはじめとした組織がきちんと対応すべきです。

大波乱

1月10日22時30分発表の12月度米国雇用統計が市場予想19万人強の良そうに大きく反して7万4千人と言う結果になった。

失業率は6.7%と約5年ぶりの低水準に改善したが労働人口の減少が原因のようだ。日本もここ最近寒波が来ているが米国の寒波は記録的寒波でありその影響も少なからずあったようだ。天候がここまで雇用統計に響いてくると思わなかったのでネガティブサプライズに大変驚いています。

特にここ数ヶ月の経済指標が大体良かったためドル安円高が大幅に進んだのだと思います。外国為替だけの影響で済めばいいのだがNYダウやCFDにも影響が出ているようなので週明けの動きには気を付けなければいけないと思います。

ここ最近日経株価平均も順調に推移していたが消費税の増税前でもあり輸入業輸出業には大きく影響が出てくるだろう。このまま行くとドル安円高が進みそうだが量的緩和を早急に進め何とかこの事態を抑制させてくれること願っています。

NISA口座でお得に株取引できるキャンペーンが始まった

NISA用キャンペーンで手数料が無料になる証券会社が出てきているようです。
今のところ、SBI証券、楽天証券、松井証券で、条件的には松井証券が一歩リードというところです。

NISAという言葉は何となく聞いたことがありますが、どのようなサービスなのか調べてみました。
大まかに言うと、NISAとは少額投資非課税制度のことで、株や投信で投資した金額が1年間で100万円までなら、得られた利益に税金がかからないというシステムのことです。
普通に証券会社の株取引をすると利益に20%の税金がかかるのですが、NISA口座で株取引すれば税金がかからなくなるというお得な口座です。

2014年1月からの始まったばかりの制度なので、まだまだ一般の方には浸透していませんが、このニュースのように大手証券会社が手数料無料などのサービスを打ち出してくれば、NISA人口もじわじわと増えてくるんではないでしょうか。

SBI、楽天が1年間の期間だけ手数料無料に比べ、松井証券は2027年までと期間的には松井証券に軍配が上がりますが、ツールの使いやすさやサービス面も含めて、これから色々な証券会社がキャンペーンを始めるでしょうから、NISAにはこれからも要注目です。

Mシューマッハ氏が事故

ミハエル・シューマッハ氏といえば、F1の世界では知らない人はいないというくらいの輝かしい戦歴を残したスーパースターです。世界を7度取った大物ですが、このシューマッハ氏はスキー事故により昏睡状態に陥っているというショッキングなニュースが入りました。

頭部を打ったようで病院に運ばれています。昏睡状態ということですから命にかかわる状況に置かれています。これまでタフな走りで体力、瞬発力、判断力すべてにおいて次元の違うパフォーマンスを見せてきたシューマッハ氏がスキー事故というのはとても信じられないという感じがしています。

年末に入ってきたこうしたニュースはファンが世界中にいるだけにどこの国でも大きなニュースになっていることが想像されます。強い精神力の持ち主ですし、最先端の医療でこの危機の状況を乗り越えてほしいです。こうしたニュースを見ると、人間いつなにが起きるかわからないということをつくづく感じせざるを得ません。

ガンプラW杯で日本人初優勝

ガンプラW杯なるものが開催されているとは知らなかったのですが、
既に第3回目だそうです。日本でうまれたガンダムなのだから、日本人が
優勝するのは当たり前だとばかり思っていたら日本代表の方が優勝したのは
今回が初めてだと知り驚きました。私の旦那も機動戦士ガンダム世代なので
自宅にはガンプラがずらりと並んでいますが、実際に作るのが上手な方は
パーツを作って自分仕様にカスタマイズするのが楽しいようですね。

優勝した作品を飾っておいて見られるスペースを作って欲しいなと感じました。
日本人で優勝した方をのぞいては各国の方がランクインしており、
日本のアニメは世界的だとは聞くけれど、それに関連したプラモデルも
世界中の人の興味の対象なのだなと感じたらすごいと思いました。

日本のアニメを世界に輸出するということがよく聞かれますが、一大産業だと
感じます。大人がアニメを好きと言ってもおかしくないという文化になり
日本文化のひとつだと言われるようになるのは子供の頃は考えられませんでしたが
良いことだと思いますしこれからもさらに発展して欲しい分野です。

ようやく終結へ

1年以上にわたって続いた脅迫行動は、犯人逮捕によって終わりを迎えつつある
一部で予想されていた通り、犯人は中年だった。この後は真相解明が焦点となる

脅迫状によって様々なイベントがキャンセルし、多大な被害が出たことは事実となっている。被害にあった団体が損害賠償を求めるのかどうかも今後注目しなければならない
その被害額は億単位に相当していると見られる。この額を犯人が負担することは無理だと思われる。職業不詳であるが、無職の可能性もあると見る

どちらにしろ1年以上に渡り、面識のない作者に迷惑を掛けた事実は許されるべきでない。真相を全て話した上で、独房に入るべきだと思う
大した動機が無いのに続けたのであれば、人間性を疑わざるを得ない。こうした行動を起こす人間の頭の中が知りたいと思う。本当に馬鹿馬鹿しい事件である
21日からはジャンプフェスタが開かれる。更なる被害の前に犯人逮捕に繋がったことはとてもいいことだと思う。犯人は何を語るのか注目していきたい

インフルエンザの季節になりました

chusya冬になってきて、インフルエンザが流行る季節がやってきました。予防接種を受けていると、どういう利点があるのか、よくわからないものですが、インフルエンザワクチンを接種していると、発症を抑える働きがあるそうです。

インフルエンザワクチンはSARSやトリインフルエンザなどには効果がないということです。
高齢者は特にインフルエンザにかかると、命を落とす危険性があるので、早めにワクチンを接種しておく必要があります。

インフルエンザのワクチンが効果をあらわすのは2週間後から5ヶ月間の間と言われていますので、本格的にインフルエンザが流行する前にワクチンを接種しておく必要があります。
インフルエンザにかかると、高熱が出て、幼児の場合はインフルエンザ脳炎になる危険性がありますので、しっかりと予防しておくことが必要になります。

インフルエンザにかかっても、普通の人なら1週間くらいで回復すると言われています。かからないためには、予防が必要です。

あの大都市がついに財政破綻

米連邦破産裁判所は12月3日、財政破綻したデトロイト市(ミシガン州)に「連邦破産法9条の適用を認める判断を下した。また年金の削減も承認した」とのことが、ニュースサイトで報じられていました。

またこの判決を下したスティーブン・ローズ判事は「デトロイト市が支払い不能で破産法の適用を受ける資格がある」と指摘し、デトロイト市の財政再建に向けた取り組みの一環として「年金の削減」も認めたとのことです。

今回のデトロイト市への破産法9条の適用は、アメリカの地方自治体としては過去最大規模となるのですが、しかしデトロイト市の経済悪化はもう何年も前から問題になっていて、大分前から町はガラス窓が割れた家々が並ぶ荒れた状態になっていました。

何故そうなってしまったかと言えば、もともとアメリカ企業の工業地として発展していたデトロイト市から、企業が次々と国外の安い人件費で維持できる他国へ工場を移転してしまい、さらにデトロイト市もその問題に何も対応してこなかった結果、町からあっという間に職がなくなり、現在の末路となってしまったわけです。

これは日本も人事ではありません。

日本も地方から次々と工場がなくなり、今も住民の職は失われ続けています。

この現状を何とかしないと、いずれデトロイト市と同じような悲劇が日本国内で起きる可能性は、十分にあると思います。

困った二世タレント

覚せい剤使用と所持で逮捕された若山騎一郎ですが、再婚した妻も同じように、覚せい剤の陽性反応が出たということで、2週間以内に覚せい剤を使用したということになり、やはり逮捕されました。どうして、覚せい剤に手を出すのか、その気持ちは理解できません。

最近ではタレントや業界だけでなく、一般の人の間にも覚せい剤が横行しているということを知って驚きました。覚せい剤は一度やるとなかなか抜け出せないということを聞きました。

若山騎一郎容疑者は若山富三郎さんの息子で、二世タレントです。妻も二世タレントで、結婚下かと思ったら、スピード離婚をして、離婚したかと思ったら、今度は再婚ということを繰り返していて、その上、覚せい剤の使用ということですから、これは衝撃的なニュースだと言えます。

有名人が覚せい剤をやっていると、一般人にも流れ込んできそうな感じがして困ったものです。
覚せい剤は決して許されるものではありません。気をつけなければなりません。